トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20150719 桃山ふれあいまつり

2015/7/19 桃山ふれあいまつり

     ×フラメンコクラブLas☆Estrellas

 2015年7月19日(日)、桃山小学校で開催された桃山ふれあいまつりで、京都産業大学のフラメンコダンスサークルLasEstrellasが白熱のフラメンコを披露しました。台風一過の当日、朝方に強い雨が降りましたがすぐに止み、曇り空でとてもしのぎやすい天気になりました。校門から会場の体育館内にいたるまでいろんな模擬店が立ち並び、子どもからお年寄りまで、会場は300人ほどの来場者で賑わっていました。

 今回の出演者は、総勢11人。扇子を操った優雅なダンスからシルクハットを舞わせて切れのいいいボーイッシュなダンスに展開したかと思うと、最後には華やかなフラメンコ衣装に身を包んだ2人が、館内全体を震わせるようなパッション溢れるステップで会場のお客さんを魅了。あっという間の30分でした。

一人ひとりの息が合った素晴らしいフラメンコ。その裏にはやっぱり陰の努力があるようで、イベントがある時期もない時期も関係なく、週に3日、2時間の練習は欠かさないそうです。

 終了後、LasEstrellasの学生と、今回むすぶネットを活用してくださった伏見区社会福祉協議会の担当者さんが取材に応じてくださいました。

 伏見区社会福祉協議会は、これまで何度かむすぶネットを利用してくださっている常連さん。ご担当の桐澤さんからは「学生さんには、いつも若い力で地域のイベントを盛り上げてもらっています。来年もぜひ来てほしいですね!」と、感謝と期待のコメントを寄せていただきました。

LasEstrellasの学生からは、「子どもさんからお年寄りの方まで、お客さんの年齢層が幅広いですね。こういう場面で踊る機会なんて滅多にないんです。新鮮な気持ちで踊れて、それに対して良い反応をいただけたことが嬉しいし、やり甲斐を感じました!」というコメントをいただきました。学園祭やフラメンコの大会とは、お客さんの層や反応がまた違うようですね。

 その後、彼女たちは化粧を落とし、衣装を着替えて、カレーやみたらし団子を買いに模擬店に駆け足していきました。自分達の特技を披露して社会貢献すると同時に、自分達も楽しめるのも、むすぶネットの良さです!

 

快く取材に協力してくださった関係者のみなさまに心から感謝いたします。ありがとうございました。

動画で紹介!