トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20150822茶屋町町内会「夏祭り」×Flippers

2015/8/22 茶屋町町町内会「夏祭り」

    ×マジック&ジャグリングサークルFlippers

2015年8月22日(土)、茶屋町町内会が主催する「夏祭り」でマジック&ジャグリングサークルFlippersのメンバー二人がバルーンアートやマジック、ジャグリングを披露しました。

まずはバルーンアートでご挨拶。メンバー二人ともがバルーンアートできるんです!「何ができるか分かりますか?」と問いかけながら、スルスルと動物が生まれていきました。
子どもさんに「これは何かな?」と聞いてみましたが、ビックリしたのかな?固まってしまわれました…。大人の方々は大盛り上がり!「プードル!」「くま!」と答えられた方に、作品をプレゼントしていました。「家に飾ったら華やかね~」ととても喜んでくださいました。

バルーンアートの次は、けん玉やリングを使った技を披露。けん玉は「世界一周」や「とめけん」など難しい技が決まる度に「おおお!」という歓声と、拍手が沸き起こっていました。
リングを使った技は、4つのリングがそれぞれ違う動きをしているように見えるもので、上下左右に不思議な動きがたくさんありました。「今、拍手するところですよ~」というかけ声もあり、拍手だけでなく、笑いもおこっていました。

他にも、シルバーのリングが繋がったり離れたりするマジック、オレンジ色の布が生き物の様に舞うジャグリングなどがありました。

会場にいらっしゃった子どもさんから大人までみんなが楽しめる出し物で、地域の方々に大変喜んでもらえました。「彼らはもうセミプロやな~」とほめてくださるかたもいらっしゃいました!演技した学生も「みなさんに喜んでいただけて、うれしい」と言っていました。

この「夏祭り」は子どもさんが町内に住むようになって、昨年から始まったそうです。地域の担当された方は「町内の人たちが、何か集まる機会があればと思って始めたんですよ」とおっしゃっていました。学生の出し物だけでなく、町内の方がサプライズで落語を披露していらっしゃったりもしていて終始和やかな雰囲気でした。これからも、むすぶネットを通じて学生と地域が交わることで、『新しいナニカ』が生まれるといいなと思っています。