トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20170826 京都市中京老人福祉センター×立命館大学交響楽団

2017/08/26 京都市中京老人福祉センター×立命館大学交響楽団

826日(日)、立命館大学交響楽団の3人が、京都市中京老人福祉センターの「晩夏の音楽会」クラシックコンサートへの誘いに参加してきました。
13
30分。昼食をとられ、お昼下がりのゆったりした時間の音楽演奏。まずは、交響楽団の本分??、「真夏の夜の夢より結婚行進曲」(メンデルスゾーン作曲)、「ローエングリンより婚礼の合唱」(ワーグナー作曲)、「スラブ舞曲第10番」(ドヴォルザーク作曲)の3曲を演奏。軽快な弦楽器のアンサルブルでお客さんの心を掴みます。(左記写真)

続いて、メインコーナーのふれあいタイム。学生3人の演奏に合わせて、お客さんが昭和の懐メロ3曲を合唱。ユーミンの「ひこうき雲」から始まり、坂本九の名曲、「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」を熱唱されました。(熱唱の様子は、取材動画(下記)に収録していますので、ぜひご覧ください!)

司会を務められた藤井センター長が、クラシックにも歌謡曲にもお詳しく、曲にまつわるエピソードや時代背景などをお話くださり、一曲一曲の深みが増しました。(右記写真)

 

イベント終了後、お客さまの何人かが立命館大学交響楽団の演奏会の日程を尋ねにこられました。日頃の大学生活ではお会いすることのない地域の皆さんと出会い、今後の交流の接点ができ、3人ともとても嬉しそうでした。

クラシック、歌謡曲その他、ご依頼に応じてできる限りの楽曲にチャレンジしてくれる立命館大学交響楽団。

引き続き、たくさんの連携依頼をお待ちしています!


取材してきた様子を動画で紹介!