トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20170916 北後藤団地連合自治会「敬老会」×京都産業大学落語長屋

2017/9/16 北後藤団地連合自治会「敬老会」×京都産業大学落語長屋

 9月16日(土)に行われた北後藤団地連合自治会さん主催の「敬老会」で、京都産業大学落語長屋の童亭魔人(ブウ)さんが落語を披露されました。

 台風の接近によって、天候がすこし悪かったのですが、会場についた参加者のみなさんは、「雨やねー」などと笑いあっておられ会場は和やかでした。

 今回は事情により、急きょ予定していた二人が来られなくなったということで、1回生のメンバーが1人だけで舞台にあがることに!なんと、それが、初舞台とのことでした。それを聴いて自治会の方が急きょクイズを実施されるなど臨機応変に対応してくださいました。

 今回披露してくださった演目は「動物園」というお噺。舞台に上がる前、とても緊張した表情の童亭魔人さんに、地域の皆さんからは「頑張れー」とエールがとび、童亭魔人さんも「よろしくおねがいします。初舞台で緊張しているのもので・・」と少し笑顔を見せ楽しそうに噺を始めました。

 噺が始まると、現代の言葉と昔の言葉が入り交じった若者らしい落語で、「この噺のオチってどうなるんやろう?」と思わせる話の展開に、参加者の皆さんは時々くすっと笑いながらも集中して聴いておられました。

 童亭魔人さんの噺が終わると、京都産業大学落語長屋のこれからの活動について、童亭魔人さんと北後藤団地連合自治会さんの掛け合いが始まりました。はじめは、すこし戸惑っていた童亭魔人さんでしたが、北後藤団地連合自治会の方からの「どんな活動しているんですか?」「産業大学の落語長屋って有名な人いるよね?」といった問いかけに答える形で終始和やかムードで交流していました。


 地域の皆さんからは、「今日は学生さんに来てもらえて本当によかった。学生さんや若い人がいるだけで元気になるし、学生さんは子供からお年寄りまで人気やからこれからもどんどん来てほしい」嬉しい言葉を頂きました。また、「今日の落語も自分たちが聞いている古典落語とはまた違った形で展開が読めなくて楽しかった」と演目についても話してくださいました。

 


 童亭魔人さんも、「今日が初舞台で先輩が誰一人としていなかったのでとても緊張していましたが、やっぱりお客さんの前で噺をしていると楽しくなっていきました。今度来るときは、落語だけでなく漫才をやっている学生もいるので連れてきます」と話しておられました。

 地域の催しに大きな笑いがほしい!楽しく盛り上げたい!という団体さん、京都産業大学落語長屋の方といっしょに会を盛り上げてみませんか?

取材記:学生ボランティアスタッフ・三村


【動画で紹介!】