トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20170926 藤紫会「藤紫会」×京都府立大学邦楽部

2017/9/26 藤紫会「藤紫会」×京都府立大学邦楽部

 9月26日(火)、高齢者交流サロン「藤紫会」に京都府立大学邦楽部の4人が参加しました!

会の前半は、地域包括支援センターの方から認知症予防の運動のレクチャーがあり、みなさん少し汗ばまれた様子。そんな中でも今井さんはパワフルです。「今日は初めて邦楽を演奏する学生の方に来ていただいたの!若者のパワーをいただきましょう!」と明るい挨拶で、京都府立大学邦楽部の演奏会が始まりました。

 一曲目はジブリ映画「耳をすませば」で有名な「カントリーロード」。「邦楽を知らない方でも親しみやすいように選びました」という学生の紹介とは裏腹に、藤紫会のみなさんにとっては良い意味で期待を裏切られたようで、「三味線とお箏と言えば、六段の調べとかだと思ってたけど、洋楽もアレンジできるのね。新鮮!」と一曲目の後から活発な感想が飛び交っていました。


 二曲目からは「かわいい踊り子」「日本のわらべ唄」「六段の調べ」と、お馴染みの邦楽曲が続きました。邦楽部4人のアンサンブルは息ぴったりで、三味線の二人とお箏の二人の揃った腕の動きから生みだされる音の厚みが、会場の皆さんを惹きこんでいきます。お庭の緑を後ろに演奏する学生4人と、その学生たちを囲むように演奏を聴かれるご婦人方の様子について、「貴族になったみたいやね。私たち年金貴族(笑)」なんて冗談も。それには学生たちも笑みがこぼれていました。


 演奏後は藤紫会のみなさんと学生の懇談会。レベルの高い演奏に関して、お箏や三味線を習っていた方からは練習時間や練習方法などのたくさんの質問が。共通の話題で盛り上がる時間となりました。

さて、そろそろお別れのとき。実は大きな楽器はすべて手運びだそう。「気を付けてね」と心配する今井さんの声に、「今度は尺八の演奏をできれば!」と一期一会の先にある縁を残して帰っていく学生たちの後姿はたくましかったです!


~編集後記~

動画には「カントリーロード」と「かわいい踊り子」を収録しています♪

学生からのメッセージ、そして今井さんのコメントもありますので、ぜひご覧ください!

取材記:学生ボランティアスタッフ・田鹿


【動画で紹介!】