トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20180424藤紫会「藤紫会」×HealingCircleOBAN

2018/4/24 藤紫会「藤紫会」×HealingCircleOBAN

 2018年4月24日(火)、高齢者交流サロン「藤紫会」にて足揉みサークルの立命館大学HealingCircleOBANがフットケアを行いました。このHealingCircleOBAN、2月にむすぶネット事務局が開催したむすぶネット交流会でも登場してくれいましたが、実はむすぶネットを通じての連携活動は今回が初めてでした!

 主催者今井さん宅の近所にお住いの方々が10名ほど会場へ集まりました。「藤紫会」は毎月行われているのですが、会場リニューアルのため2ヶ月ぶりの開催となりました。参加者の皆さんは「あら、お久しぶり!」「2ヶ月なかったので寂しかったわ〜」と会の再開を喜んでおられました。

 まず初めに、京都市深草・中部包括支援センターの職員さんから健康に良い体操や、食べ物のご紹介があり、いよいよHealingCircleOBANの出番です!

 聖母女学院短期大学の学生さんが大学のカリキュラム(実習)でフットケアにきたことでこの「藤紫会」がスタートしました。数年前にカリキュラムがなくなり、しばらくの間フットケアが途絶えていました。しかし今回はリニューアルした「藤紫会」へ足揉みのサークルがやってくるということで、主催者の今井さんは「(藤紫会が始まるきっかけとなった)フットケアが蘇ります!」と嬉々とした表情でHealingCircleOBANのお二人を紹介してくださいました。

 参加者の皆さんへ足揉みがどのようなものなのかやその効果などを説明しています。

 足揉みの部屋では、お一人10分ずつで足揉みを行いました。会話も弾み、とってもリラックスした雰囲気でした!


 なんと偶然にも聖母女学院短期大学OGで、「

藤紫会」でフットケアがスタートした際に学生だったという方もいらしていました!学生の時に今井さん宅に来て以来、定期的にハンドマッサージや足湯などを行っており、10年近いお付き合いなのだとか。

 HealingCircleOBANの足揉みの様子を見ながら以前のことやマッサージのことなどを教えてくださっていました。

 足揉みを体験された方々は「気持ちよかったわ〜」ととてもすっきりとした表情でした。「足元から血行が良くなって来たのがわかる!」「ずっと体がポカポカしている!」などと足揉みの効果は抜群だったようです!足揉みだけでなく、参加者の皆さんとの交流もあり終始賑やかな雰囲気でした。


 今回初連携となったHealingCircleOBANのお二人は、「皆さん本当にお元気ですね、楽しかったです」「リラックスしてもらうために来たのに、こちらが元気をもらいました」と活動後に感想を教えてくれました。

 HealingCircleOBANは15年の歴史のあるサークルで、現在は少人数で活動をしていますが人数を増やして介護施設などでも足揉みのサービスを提供したいと考えているそうです。足揉みと交流を楽しみたい地域の皆さん、ぜひHealingCircleOBANにご依頼ください!

 

 また、普段は大学のキャンパス内(広場)で立命館大学の学生を対象に足揉みを行なっているそうです!足揉みに興味を持った学生の皆さん、一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

【動画で紹介!】