トップページ > プログラム案内 > むすぶネット > 20180818 北後藤団地連合自治会「夏祭り」×同志社タップダンスサークルShimSham

2018/8/18 北後藤団地連合自治会「夏祭り」×同志社タップダンスサークルShimSham

 2018年8月18日(土)、醍醐にある北後藤団地にて、夏祭りが開催されました。北後藤団地連合自治会さん(以下、敬称略)が主催し、焼きそばや風船釣りといった屋台も出ており、多くの子どもたちでにぎわっていました。

 広場にはステージが設置され、同志社大学のタップダンスサークル ShimShamさん(以下、敬称略)がダンスを披露しました。お祭りの開始直後に赤、黄色、紫色とりどりの衣装に身を包んだお姉さんとお兄さん、合わせて8人が登場!

 実はShimShamが北後藤団地に来るのは今回で二度目です。7月には団地にある集会所でタップダンス教室を開催しているので、すでに馴染んでいる様子。前回は教え役に徹していたお姉さんたちが、今回は華麗なダンスを披露するということで、期待がふくらみます。

 

 最初に披露したのは「melon」という曲です。クラッカーを使用した軽快なステップに、見ているこちらまで踊りだしたくなりました。最も目を引いたのは、キューピー3分クッキングの歌に合わせてのダンスです。衣装がエプロンに代わり、それぞれがボールやお鍋、フライ返し、お玉を手にもってステップを踏んでいます。馴染みのある音楽でこんなダンスができるとは…!と衝撃。

 最後は缶チューハイのCMでおなじみ、「Paradaise Has No Border」に合わせて踊りました。圧巻のステージに惜しみない拍手が起こります。

 演技終了後、お姉さんたちと遊びだす子どもたち。会場には絶え間なく音楽が流れているので、それに合わせてみんなが自由に体を動かし、ステップを踏んでいました。60代くらいの方まで「私にもできるかしら」と、一緒にダンス!大人から子どもまで楽しめるステージでした。

 北後藤団地連合自治会の方は「若い方に来てもらうことで、町が活性化する」と仰っていました。大学生だからこそ出来る取組みの重要性を感じました。

 北後藤団地とShimShamのように、たくさんの地域と大学生が良いご縁で結ばれたらと思います。

取材記事:むすぶネット学生スタッフ 枡本 葵


【動画で紹介!】

動画編集:むすぶネット学生スタッフ 枡本 葵