社会的な活動をしている学生の分野や団体を超えたつながりを生み出すべく、

毎月一回の交流委企画「Ima~つどう・つながる・ひろがる~」

11月14日に「ちゃーんとお知り合いになろう」をテーマに行い様々なNPOや学生団体で活動している10名の学生が集いました。


まずは「今後もつながっていけるような自己紹介」を自分なりにしばらく考えて、ひとりひとり発表。


聞いている人は「よかった点」を メモしていきました。


よかった点をお互い共有した後 似たものを集めてカテゴリー分け。
どうして良いと思ったのかも書きました。

完成&記念撮影

「今後もつながっていける自己紹介」とは

◆活動紹介~所属団体はその人を表す~

①活動内容は具体的に、活動目的も忘れずに
聞いている方はイメージしやすい。なぜ?なんのために?活動をしてるのか分かると共感を得やすい。


②今後どうしていきたいか
これから頑張っていきたい想いが伝わると応援したくなる。


③広報したいことや活動日時などを言う
Welcomeな感じがする。興味をもったとき参加しやすい。


その他大事なポイントBest3

◆印象に残るネタやキャラはお得
しばらく会ってなくても思い出す。絡みやすい。ツッコミやすい。


◆雰囲気が言葉よりものを言うことも?!
話しやすい雰囲気の人、面白い人はにはまた会いたいと思う,緊張がほぐれる。 人柄が伝わればどんな団体かも分かりやすい


◆想い
「夢」や「自分」のある人の話はもっと聞きたい!! 共感「私も!」「わかる~」ってなると自分のことも話やすい

後半は、場所を移動してお茶会へ


今回は秋をかんじるお茶会ということで白玉ぜんざいを作りました。
みんなでコネコネした白玉ぜんざいにクラッカーもトッピングして美味しく頂きました。