Ima 震災スペシャル

Ima 3.11震災

私たちの想い・経験・これからを語り合おうスペシャル 報告

10月11日(火)は「震災」をテーマに、震災にかかわる活動を行ってきた学生、今も続けている学生、これからはじめたい学生の交流プログラムを開催しました。

参加者18名の学生が集まり、震災についての想いや経験、気づきについて話をしました。

 

今回はたくさんの人の話が共有できたらと思い、ワールドカフェ形式で行いました。

全体で自己紹介をした後、1テーブルを3人~4人の学生で囲み、5テーブルで3ランウンド×15分話をしました。

 

話し合ったテーマは「学生ができる被災地支援とは?」

 

それぞれが経験したこと、経験を通して感じた思いや意見、メディアを通して感じていることを話しながら、目の前の模造紙に話をしながら気になったこと、発言したことなどを思い思いに書いて、メッセージを残していきました。

3ラウンド終了後、話の中で出てきた意見・アイデアを自分の中で消化・確認・つなぎ合わせをしながら、「学生ができる被災地支援とは?」の問いについて、みんなで寄せ書きをしました。

 

下記のような寄せ書きや意見がありました!

「忘れないことが何より大事!」

「東北ツアーしませんか??」

「関西の台風被害にも目を向けよう」

「現地に行くだけが全てじゃない」

「単位くれたらずっと行くのに!」

 

この他にもたくさんの意見が書かれています。

寄せ書きは学生Place+内に掲示しているので、ぜひ、ご覧ください。

最後はみんなで恒例の記念撮影。

Imaが終了した後も話はつきず、結局ほとんどの学生が閉館時間まで残って、話をしたり、名刺交換をしていました。

 

次回は、11月10日(木) 19:00~20:30「パネルづくり」をします!

ぜひ、参加ください。