Ima 震災スペシャル2

Ima 3.11震災

私たちの想い・経験・これからを語り合おうスペシャル第2弾 報告

前回、10月11日に開催した「震災スペシャル」が大好評で、「また集まりたい!」という声があったことや、最近「以前は活動に参加していただけど、今は中々参加できていなくて・・・今も頑張っている人たちがいるのに、このままでいいのかな・・・」という声があり、17年前に身近で起こった阪神淡路大震災のことも少し念頭に置きながら話しや交流ができればとの思いから、1月10日(火)に「震災スペシャル2」を開催。

実際に活動している人やこれから何かしたいと思っている学生10名が集まりました。

今回は、現在も実際に活動している「ユースACTプログラム」「Youth for 3.11」「かんさいGINGA」の学生団体3団体から、2011年3月11日震災前後から今日に至るまでの時間経過の中で、どんな活動をしてきて、その時の自分自身や団体自身のモチベーションがどうだったかをグラフにしてもらい、その資料を基に発表をしてもらいました。

 

その後、全員で『もっと多くの学生が活動に参加するために・・・』をテーマに、参加者全員で感想や意見交換を行いました。

「僕らも被災者!」「今年が勝負!」「1年のスパンで思い出すではダメ。モチベーションの維持を。」「忘れないためには?」「5年後・10年後に何をすればいいの?」など、短い時間の中でも各自の思いが溢れ出てきました。

 

最後に、上記テーマへのメッセージを残しました。

「自国で起きていることの意識を!」「僕達が一生懸命考えて一緒にがんばろう」「地味でも少しずつ・・・」「関西につながりの輪を!」等など、それぞれ

の思いを残しました。メッセージは学生Place+に掲示しています。是非、ご覧ください。

 

そして、『まずはココから!!』と、繋がるためにお互いの連絡先を交換して、今度は自分たちで集まる場を作る計画を練っていました。

 

最後にIma恒例の記念撮影。実はこの日、男子Onlyの交流会でした。。。

次回は、2月10日(金)19時~「国際協力・交流スペシャル」です。