Ima 国際交流・協力スペシャル

Ima 国際交流・協力スペシャル報告

2月10日(木)のソーシャル学生交流会Imaは国際交流・協力をテーマに、海外の人と学生や地域の人との交流をすすめる活動をしたり、開発途上国などへの国際協力に取り組んでいる学生、これから取り組みたいという学生が参加しました。

12名の学生と国際協力機構(JICA)京都デスクの方、京都市大学政策局の方が集まり、国際交流・協力について、それぞれの活動や思いについて、語り合いました。

 

 

はじめに、学生団体のAFS京都支部と関西カンボジアネットワーク(KCN)がそれぞれの団体の活動について発表。AFS京都支部が高校生の交換留学などの国際交流活動やその苦労・工夫について話し、次にKCNがカンボジアの障がい者の方の支援や昨年10月に京都で開催したカンボジアフェスティバルからの活動の広がりについて語ります。
発表後は、それぞれの団体に対して参加者から「活動資金はどうしているの?」「今後どうやって活動を広げていくの?」など、さまざまな質問がよせられました。

次に2つのグループに分かれ、発表からの気づきや参加者のみんなに聞いてみたいことについて、話し合います。「小規模なイベントをやるにはどうすればいいか」「メンバーが辞めていくのだけど…」「組織の運営や引き継ぎはどうしてる?」など、団体のことから個人的な悩みまで、いろいろな意見や想いが交わされました。

そして、今後の活動に向けた決意をひとことずつ寄せ書き。「カンボジアファンを増やす!」「海外の前に京都で交流・協力!」など、熱いメッセージが寄せられました。

 

最後の告知タイムには、イベントの紹介やメンバーの募集などを行い、京都市とJICAの方も交えて記念撮影。終了後もずっと交流が続いていました。

「同じ学生であるのにみなさんいろんな活動をしていて、刺激をうけました!」

「さまざまな国際交流事業とそれにかかわる人の思いを知れた」

「次へのつながりができました!」

「同じトピックでもう一度開催してほしい!」

などの感想が集まりました。

これからも仲間を増やしながら、国際交流・協力していきましょう!

次回は、3月10日(土) 19:00~20:30「活動報告&ふりかえり」をします!

ぜひご参加ください!