トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ >  活動体験コース「 10代のための居場所づくり」

活動体験コース「10代のための居場所づくり」

 2020年12月12日(土)、「10代のための居場所づくり」チームが「洛西CHOTTO」に参加してきました!「洛西CHOTTO」とは洛西エリアに住んでいる中高生が自由に使えるフリースペースです。「ボクらのひみつ基地」をコンセプトに、若者が中心となってお菓子づくりやゲームなどで交流しています。

活動場所は洛西口駅の高架下!
活動場所は洛西口駅の高架下!
ウェルカムボードがお出迎えしています!
ウェルカムボードがお出迎えしています!

 活動場所となる京都市交流促進・まちづくりプラザに到着後、ご担当の竹田さんから「洛西CHOTTO」の目的や活動内容について説明がありました。メンバーは緊張している様子もありましたが、メモを取りながら真剣に話を聞いていました。普段から「洛西CHOTTO」に関わっている大学生や地域の中学生など10人ほどが集まり、いざ活動開始です!

 前半はクリスマスが近いこともあり、クッキー作りをしました。

 今回の参加者はクッキー作りの経験がない人ばかり…それでも、調べたレシピをもとにバターをかきまぜ、小麦粉をふるって少しずつクッキーの生地を作っていきます。

 型をくり抜いたあとは、アラザンやチョコペンを使って思い思いに飾り付けしました。最後にオーブンで焼き上げてカラフルなクッキーの出来上がりです!完成したクッキーはその場で試食しました。自分たちで作ったクッキーをとても満足そうに食べていました。

 後半はカードゲームをして遊びました。

 定番の「UNO」をはじめ、「犯人は踊る」などあまり馴染みのないものまで様々な種類のカードゲームがありました。

 ルールを共有してプレイ開始です。頭を使った駆け引きや、急に訪れる奇想天外な展開に場は大盛り上がり!あっという間に時間が過ぎて行きました。

 

 最後に参加者全員でふりかえりを行いました。ACTIONメンバーは「最初はワクワクと緊張どちらもあったけど、貴重な体験もできたし、楽しむこともできた」と感想を発表していました。

 

 「10代のための居場所づくり」チームは、1月まで引き続き活動に参加します。中高生や他大学の学生、大人との関わりを通して多くのことを体験し、学んでほしいですね!「洛西CHOTTO」のみなさん、ありがとうございました。

とってもカラフルです!