トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ >  活動体験コース「 里山整備活動のお手伝い」

活動体験コース「里山整備活動のお手伝い」

 2020年12月13日(日)、「里山整備活動のお手伝い」チームが初回活動に参加してきました。このチームがお邪魔するのは、NPO法人ビオトープネットワーク京都さんの「みささぎの森」です。

 受入担当の奥田さんから活動の流れをご説明いただき全体で自己紹介をしました。

 早速ヘルメットを装着して山へ!今回は伸び放題の木を切る作業からスタートです。

 

 山頂まで登り、どの辺りを整備するか確認します。そのままでも十分綺麗な眺めだったのですが、周りを整えることでもっとスッキリ見えるそうです。

 団体スタッフさんが切り倒した木の枝を、のこぎりで落としていきました。普段のこぎりを使わないので、少し作業が難しかったかもしれませんね。時々腕を休ませながら作業していました。


 お昼休憩中、少し雨が降ってきて山らしい寒さに。「寒いね〜」とお話しながら焚き火とホットカフェオレで温まりました。

 

 休憩の後は、山道の枯れ葉を掃除しました。紅葉も終わりに近づき、あたり一面が葉っぱや枝でいっぱいでした。

 地面が枯れ葉で埋まっていると、滑りやすくなってしまいます。歩きやすいよう、クマデでかき集めて運び出しました。

 綺麗にしようと黙々と作業をしてしまいます笑

 かき集めた枯れ葉は腐葉土やカブトムシの餌にするそうです。無駄なものはないんですね!

 

 山道を綺麗にした後は、畑へ向かいました。ちょうど大根が収穫できると聞いて、ACTIONメンバーも収穫させてもらうことに。「楽しい!」と言いながら収穫していました。

 帰りは「みささぎの森」で採れたお野菜をいただいて、解散でした。体力を使う作業でしたが、目一杯体を動かして清々しい1日になったことでしょう!奥田さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

おまけ

▼木を整備する前の山頂ビュー

▼木を整備した後の山頂ビュー


随分スッキリしました!スタッフさんからは、「若い人たちが来てくれたおかげで作業が早く終わった」と喜んでいただけました。