トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > 2014年度報告

2014年度 ボラ活!報告

ボランティア講座を受けた25名の大学生が、2月末まで京都のまちで活動しました!!

2014年11月15日にスタートした学生ボランティアチャレンジ~自分に出会う、社会に出会う、ボラ活!~。

2月末までに25人のメンバーが京都市内の17の市民活動に参加しました。3月にはふりかえりを行い、25時間以上活動をした12人が、「活動修了証」を受け取りました。

 

ボランティア講座

 2014年11月15日にボランティア講座を行いました。自己紹介ワークをしたり、レクチャーを受けたり、活動プログラムの紹介を聞いたりしました。
 レクチャーでは、「ボランティアを始める前に、知っておこう/身につけておこう」をタイトルに、講義だけでなく、クイズ形式でボランティアの心構えを学びました。
 緊張しているメンバーも多かったですが、講座が進むにつれ、少しずつボランティア活動への心構えが出来て行きました。また、活動プログラムの紹介に来てくださった活動先団体の方々に、自ら積極的に質問をしに行くメンバーもいて、活動への期待が高まっていました。

ボランティア活動

ボラ活!メンバーは22のプログラムの中から、自分の興味・関心、そしてスケジュールに合うものを選び、参加しました。

 合計17のプログラムに参加者があり、一つの活動に継続的に参加したメンバーも、複数の活動に参加したメンバーもいました。一番長時間活動したメンバーはなんと、45時間もの活動をしていました!

たけのこ畑保全活動の様子


ふりかえり

ふりかえりは、どんな経験をしたのか、どんな気づき、学びがあったのかなどを思い出して言葉にし、これから自分はどう進んでいくのかを考える時間のことをいいます。

ボラ活!ではふりかえりを少人数制で行い、じっくりと自分の学びを深めました。

「大学では知り得なかった事を知ることができた」「心と心で会話をすることができた」「感謝して貰えてうれしかった」といった感想が聞かれました。

 また、こからどうするか、という未来へ向けた話もすて、「これからの自分の勉強分野に活かしたい!」「ボラ活!が終わっても、活動に参加していく予定です」など抱負を語ってもらいました。

 最後には「ボラ活!こんなところがよかったです!」を書いてもらい、記念写真をとりました。

活動修了証

25時間以上の活動をした人には、京都市より「学生ボランティアチャレンジ活動修了証」が発行されました。

活動時間数も記載されています!「部屋に貼っておきます!」と言ってくれたメンバーもいましたよ。

ボラ活!は学生がボランティアを始めるきっかけ、社会に関わるきっかけをを創出できれば、と思い展開しています。今回ボラ活!メンバーとなって、ボランティア活動に取り組んだ学生にもぜひこれからも、何かしらの活動をつづけてもらえればと思います。