トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > 2015年度報告

2015年度・前期 ボラ活!報告

ボランティア講座を受けた29名の学生が、9月末まで京都のまちで活動しました!!

2015年6月13日にスタートした学生ボランティアチャレンジ~自分に出会う、社会に出会う、ボラ活!~。

9月末までに25人のメンバーが京都市内の14の市民活動に参加しました。10月にはふりかえりを行い、25時間以上活動をした20人が「活動修了証」を受け取りました。

ボランティア講座

6月13日にボランティア講座を行いました。一連のワーク、講義を通して、ボランティア活動の基本的な流れ、心構えを学びました。

 講座が進むにつれてメンバー間の会話もはずみ、今後活動を共にする仲間としての意識が芽生えてきました。
 講座の後半には、プログラムを提供してくださった活動先団体から8人の担当の方々が、熱いオモイをのせてそれぞれのプログラムの魅力を語ってくださいました。


ボランティア活動

嵐山寮活動終了後の様子

ボラ活!メンバーは17のプログラムの中から、自分の興味・関心、そしてスケジュールに合うものを選び、参加しました。合計14のプログラムに参加者があり、一つの活動場所で継続的に参加したメンバーも複数の活動に参加したメンバーもいました。

一番長時間活動したメンバーはなんと、43時間もの活動をしていました!

活動風景の一部は、こちらからご覧いただけます。

『ボラ活!メンバーの活躍』

~その1~ 子ども向けのお祭りでボラ活!(7/4)

~その2~ 高齢者福祉施設でボラ活!(8/16)

~その3~ ふだんの街中でボラ活!(9/5)

 ~その4~ 里山でボラ活!(9/13)

 


交流会

7月25日、8月28日の両日、ボラ活!交流会を開催しました。7月には4人、8月には、ボラ活!メンバーが参加しました。

 「ボラ活!を通じて失敗したこと」「ボラ活!で出会った人たち」「活動ではじめて知ったこと」「ボラ活!を通して見えてきた社会の課題」、テーマカードの中から自分たちの関心のあるものを選び、熱く語り合いました。十人十色のボランティア活動を積み重ねてきた彼彼女たち。「人の顔と名前を覚えるのが大変」「いろんな年代層のひととのやりとりに戸惑った」、活動スタートの時期ならではのいろんな感想がきかれました。

 最後に、メンバー一人ひとりがそれぞれの活動目標を宣言しました。

7月25日交流会の様子<詳細はこちら

8月28日交流会の様子<詳細はこちら


ふりかえり

 ふりかえりは、どんな経験をしたのか、どんな気づき、学びがあったのかなどを思い出して言葉にし、これから自分はどう進んでいくのかを考える時間のことをいいます。

 ボラ活!のふりかえりは、形式ばらないフリートーク形式です。フリートークの中で、いつ、どこで、どんな人と会って、どんなことをしたか。そのときどんな気持ちだったか。経験してきた一つひとつの記憶をつむぎ合わせていきます。一人ひとりが、思いと気づきのたな卸しをしながら3ヶ月半の活動期間をふりかえりました。

 ふりかえり後に、アンケートに協力してもらった後、いま一番自分の中に残っている言葉をフリップに書いてもらい、記念写真(以下)をとりました。

活動修了証

25時間以上の活動をした20人に、京都市より「学生ボランティアチャレンジ活動修了証」が発行されました。

まとめ

今期のメンバーも、ボラ活!を通じてたくさんの活動、社会、人に出会えたようです。そして、自分は何が苦手なのか、どんなことに共感できる人間なのかがすこし分かるようになり「新しい自分」にも出会えたようです。

今回のボラ活!をきっかけにボランティアを続ける学生、いったんボランティアはお休みして就職活動にかける学生。様々ですが、彼らが共通していっていたことは「ボランティアって、楽しいものなんですね」ということ。来期も、彼彼女たちのような自分の言葉でボランティアの楽しさを語れる学生が増えていってくれることを願っています!