トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > 2015年度報告

2015年度・後期 ボラ活!報告

ボランティア講座を受けた27名の学生が、2016年3月10日まで

京都のまちで活動しました!!

 2015年11月21日にスタートした学生ボランティアチャレンジ~自分に出会う、社会に出会う、ボラ活!~、

今期は27人の学生が登録、うち3月10日までに25人が活動しました。国際協力、環境保全、まちづくりなど、様々な分野の活動プログラム(全21件)の中から、延べ119件の市民活動に参加しました。

説明会

 10月24日に事前説明会を開催し、6人のメンバーが参加しました。今年度前期に活動を終えたOB・OGの2人が駆けつけて、各々の体験談を語ってくれました。いまひとつ活動のイメージが沸かなかった参加学生も、先輩の生の体験談をきいて、これはと思ったプログラムに集中して取り組む活動パターン、興味があるいくつかの分野のプログラムに挑戦する活動パターンなど、自分に合う活動パターンを具体的にイメージできたようでした。


ボランティア講座

 11月21日にボランティア講座を行いました。まずはボランティアの基礎知識を座学で学び、次にワークショップを通して、グループごとに実際のボランティア活動でトラブルに発展しそうな事例について考えました。

 講座の終盤には、ボランティアプログラムをご提供くださった活動先団体の担当者様方が、活動の魅力を熱くPRしてくださいました。


ボランティア活動

畑と竹やぶの整備保全活動の様子

後期メンバーは、全21件のプログラムの中から20件のボランティアプログラムに参加しました。

活動風景の一部は、こちらからご覧いただけます。

→取材記『ボラ活!メンバーの活躍』

ビオトープネットワーク京都「みささぎの森」での活動(1/10)

天才アートミュージアム「8人の天才たち展」での活動(1/29)

きょういく基地「リカバリー教室」での活動(2/4)

竹と緑「畑と竹やぶの整備活動」(2/7)

 


交流会

 12月5日、12月22日、1月14日、2月13日、2月25日の全5回、ボラ活!交流会を実施しました。

 「初ボラ活!何にした??」「ボラ活!の先パイから学ぼう!」「ボラ活!仲間の輪を拡げよう!」「ボラ活!体験を分かち合おう!!」。活動時期に相応しいテーマを設定し、OG・OBメンバーや活動先団体の方々を交えて熱く語り合いました。<詳細はこちら

12月22日交流会の様子

2月25日交流会の様子


ふりかえり

 3月10日から3月18日にかけて、ふりかえりを実施しました。ふりかえりは、どんな経験をしたのか、どんな気づき、学びがあったのかなどを思い出して言葉にし、これから自分はどう進んでいくのかを考える時間のことをいいます。活動をふりかえって、いつ、どこで、どんな人と会って、どんなことをしたか。そのときどんな気持ちだったか。経験してきた一つひとつの事実や感情を確認しました。そして、ボラ活!で得られた気づきや学びを自分の言葉で表現できるまで、ブラッシュアップしていきました。

 ふりかえり後は、アンケートに協力してもらった後、いま一番自分の心に残っている言葉を紙に書き出して、発表しました。

活動修了証

25時間以上の活動をした12人に、京都市より「学生ボランティアチャレンジ活動修了証」が発行されました。

まとめ

 後期の活動は年末年始や試験と日程が重なり、学生にとっては活動予定を調整するのが大変難しい状況で実施されました。そんな中、活動先団体のご担当者と相談しながら日程を調整、アルバイトやクラブ・サークル活動をこなしながら、がんばって活動を重ねました。3月10日の活動期間終了時点で、25人の学生が一つ以上の活動プログラムに参加、うち12人が25時間以上の活動時間数を達成しました。

 今期で早くも3回目の学生ボランティアチャレンジ。回を重ねるごとにボラ活!を支えてくれるOB・OGの数が増しています。今年度は、事前説明会や交流会、年度末の輝く応援プロジェクト成果発表会で自身の体験談を語り、現役メンバーや大学生の社会貢献活動に関心を持つ大人たちにボランティアの魅力を伝えてくれました。

 これまでの横のつながりに先輩後輩の縦のつながりが加わり、ボラ活!の輪も徐々に確実に拡がっています。

 今後の彼彼女たちの活躍に、どうぞご期待ください!