2016年度・前期 ボラ活!報告

ボランティア講座を受けた46名の学生が、2016年9月30日まで

京都のまちで活動しました!!

 2016年6月にスタートした、今年度前期の学生ボランティアチャレンジ~自分に出会う、社会に出会う、ボラ活!~。今期からは定員を25人から50人に倍増!46人の学生が登録し、うち9月30日までに32人が活動しました。

 国際協力、環境保全、まちづくりなど、様々な分野の活動プログラムの中から、延べ167件の市民活動に参加しました。今期は市内のNPO・市民活動団体さまから、過去最多42件のプログラムを寄せていただきました。

説明会

 5月26日に事前説明会を開催し、京都産業大学の学生さん3人が参加しました。説明会の後半では、昨年度前期に活動を終えたOBの芳野くんと岡嶋くんの2人が、自身の体験談を通してボラ活!の魅力を語ってくれました。いまいち活動のイメージがもてないといっていた3人も、OBメンバー2人から活動を通じて出会った人や響いた言葉などを聞いているうちに、朧げながらその輪郭と、自身の目指す方向性がみえてきたようでした。


ボランティア講座

 6月18日と19日の両日、ボランティア講座を開催しました。講座の前半には、ボランティア初心者でも安心して活動に踏み出せるように、ボランティアの心構えやルールを学ぶミニレクチャー、ボラ活!の参加方法を知るためのガイダンスを実施。講座の後半には、ボランティアプログラムをご提供くださった活動先団体の担当者様方にお越しいただき、プログラムのPR方々、これから地域に出て活動していく学生たちに親切なアドバイスと熱いエールをくださいました。


ボランティア活動

▲東山アートスペースでの活動の様子

今期メンバーは、全42件のプログラムの中から27件のボランティアプログラムに参加しました。

活動風景の一部は、こちらからご覧いただけます。

→取材記『ボラ活!メンバーの活躍』

ボラ活!チームで参加しよう! 祇園祭ごみゼロ大作戦 〜前祭〜(7/15・16)

嵐山寮「夏まつり」のお手伝い(8/16)

障がいのある青少年の余暇活動 東山アートスペースの運営(8/21)

鴨川生き物調査のお手伝い(8/27)

児童館で小学生と関わる(9/7)


交流会

 7月7日、8月9日、9月3日の全3回、ボラ活!交流会を実施しました。

 「初ボラ活!は、何にした?何にする?」「OB/OGメンバーに聞いてみよう!」「体験をシェアしてラストスパートに向かおう!」。テーマごとに白熱するポイントも様々。8月の交流会ではOG・OBメンバーも交えて、自身にとってのボランティアは何かについて熱く語り合いました。<詳細はこちら

OGの体験談をシェア

参加するプログラムを相談→選択→決定


ふりかえり

 10月1日から10月8日にかけて、ふりかえりを実施しました。ふりかえりは、ボランティアを通して経験したことを自分の言葉で言語化し、これから自分はどう進んでいくのかを考える時間のことをいいます。

 ふりかえり後は、活動を終えて一番自分の心に残っている言葉を紙に書き出して、発表しました。

活動修了証

 25時間以上の活動をしたメンバー18人に、京都市より「学生ボランティアチャレンジ活動修了証」が発行されました。

 今期の最高時間はなんと41時間!その他、30時間近く活動したメンバーも半数近くおり、それぞれが活動の中で感じたことをしっかりと噛みしめているようでした。

 18人のメンバーたちは、達成感に満ち溢れた顔で修了証を受け取っていました!

 

←29時間達成の修了証を受け取った鎌田さん(大谷大学)

まとめ

 過去最多の46人の学生が参加した、今期の学生ボランティアチャレンジ。活動先で顔を合わして、その後一緒に活動するケースもたくさん見受けられました。受入れ団体の職員さんや利用者さんだけでなく、メンバー同士の横のつながりも拡がってきているようです。

 一方で、期を追うごとに増えているOB/OGメンバーとの縦のつながりも拡がってきているようです。ボラ活!終了後、引き続き受入れ団体さんの下で活動を続けている人、ボラ活!を基点にもうワンランク上の活動にチャレンジしている人。活動や交流会での先輩の出会いや姿を通じて、自身のボラ活!後を思い描くことができたという声が、今期メンバーの何人かから聞かれました。

 ボラ活!メンバーの活動が、着実に京都のまちに根付いていっていることを実感します。