トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > ボラ活!メンバーの活躍

取材記『ボラ活!メンバーの活躍』~その5~

 2016年9月7日(水)、ボラ活!メンバー6人が葵児童館さんの乳幼児クラスに参加してきました。ふたばクラスに来ている子どもたちの年齢は1歳~1歳半!とってもかわいい半面、乳幼児との遊びに慣れていないメンバーたちは不安な表情を浮かべていました。(笑)

~活動の様子~

 活動前のオリエンテーションでは、担当の袋布さんが児童館について説明をしてくれました。「児童館」と呼ばれるものは、市内に130か所もあるそうです!その規模は大小さまざまで、利用する子ども達の年齢もバラバラだそう。午後にはたくさんの小学生たちが葵児童館さんを利用しにくるそうです!

 今回メンバーが参加してきたプログラムは、乳幼児とそのお母さんが参加をしているクラス!幼児10名を前に、緊張気味に活動スタートです!(笑)

 まずは皆で円になって、お歌遊びです♪職員さんのピアノに合わせてお歌を3曲歌い、リズムダンスで体を動かしました!職員さんやボラ活!メンバーも一緒にダンシング♪初めは遠慮がちだった男性陣も、とっても楽しそうです(笑)

 お歌遊びをしたあとは、葵児童館さんへ実習に来ている龍谷大学短期大学生による絵本の読み聞かせ。子ども達は、「がたんごとん、がたんごとん」と列車の音を真似てみせる実習生に釘づけでした!

 お歌とダンスで遊んだあとは、お庭でプール遊びをしました。赤・黄・青など様々に色づけられたお水で遊んだり、プールに浮かぶおもちゃで遊んだり、子ども達はのびのびとプール遊びを楽しんでいました。中にはお水を怖がって泣く子もおり、ボラ活!メンバーは戸惑う様子もありましたが、とても和やかに幼児との時間を楽しんでいる様子でした。「実は僕も双子なんです」とお母さんたちと積極的に会話を交わすメンバーも!

▼とても和やかムードで、学生たちに笑顔が♪


 参加メンバーたちは「幼い子でもそれぞれに個性があるんだなと思った」、「子ども達はとってもパワフルだった」「参加して良かった」ととても前向きな感想を話してくれました。

 袋布さんは、「幼児というのは特に成長が早く、半年前にハイハイをしていた子が半年後には歩いている。子どもの個性もそれぞれで、親御さんの方針もそれぞれなので、お母さんたちと相談して一緒に子育てをしています。楽しかったり、かわいいなと思ったり、ただそれだけではないものがあります」と、児童館でのお仕事についてお話をしてくれました。ボラ活!メンバーは真剣に頷きながら耳を傾けていました♪