トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > ボラ活!メンバーの活躍

取材記『ボラ活!メンバーの活躍』~その1~

 2016年12月10日(土)、ボラ活!メンバー7人が京都市ユースサービス協会さん主催「ユースシンポジウム2016」にて、ボランティア活動に取り組んできました!

 この「ユースシンポジウム2016」は、若者や若者の支援に関わる人など多くの市民とともに、若者について考える場として毎年開催されているものです。今回の「ユースシンポジウム2016」は、学生や若者が実行委員としてプロデュースしており、ボラ活!メンバーと同世代のみなさんが作り上げたそうです!同世代が頑張っている中で負けじと奮闘するボラ活!メンバーの姿を取材してきました。

~活動の様子~

第1部&第2部

 現場の緊張感に若干押されながら、活動がスタートしました!実行委員や他のスタッフさんに混ざって、全体での説明を受けたメンバーは、会場設営班/受付班に分かれて配置につきました。

 受付班は実行委員の指示を受けながら入念に準備をし、いざ開場です!第1部の講演会スタートに合わせて、どんどん参加者が来場してきます。メンバーは慣れない受付け対応に、表情が硬くどこかぎこちない様子でした(笑)

 「大きな声で元気にがんばろう!」という実行委員のフォローもあり、気が付くと皆笑顔で元気に取り組んでいました。今回、受付班の指示出しを担当してくれた実行委員の学生さん、実はボラ活!のOGなんです!ボラ活!卒業後もこうして頑張っている姿を見ると、嬉しくなりますね♪

 会場設営班は、第3部の会場となる部屋にわかれ、実行委員やスタッフさんと共に着々と準備を進めていきます。ボラ活!メンバーと同世代のスタッフさんが多いこともあってか、すぐに打ち解けた様子で楽しく作業に取り組んでいました!

 高校時代に美術部に所属しており絵が得意だというメンバーは、率先して休憩室の立て札作りに名乗りをあげていました!ボランティア活動は、自分の得意なことを生かして活動できるところが楽しいですよね♪

▼会場設営の様子:真剣さと楽しさが伝わってきます!


第3部&交流会

 3部は各部屋にわかれて自由にテーマトークを行う分科会でした。ボラ活!メンバーも『将来と夢』『自分探し』『愚痴や悩み』『恋愛』『趣味』の5つの部屋に分かれ、来場者のフォローへとまわります。どの部屋も、座る場所がないほど満員!ボラ活!メンバーは流れてくる人の波に少し圧倒されている様子でした。

 受け入れ担当者さまのご配慮で、ボラ活!メンバーもトークに自由参加する機会をいただきました!それぞれに気になるテーマの部屋に赴き、異なる年代の皆さんと様々なことを語り合っていました。

 「ユースシンポジウム2016」最後は、参加者全員で1日を振り返りました。ボラ活!メンバーも参加させていただき、1日を通して得たものを改めて認識していた様子でした。

 普段、異なる年代の方と語り合うことの少ない学生たちにとって、今回の経験はとても新鮮だったようです!「新しい一面に気がついた」「自分の苦手意識を克服できた」と、それぞれに大きな変化を感じていました。また、スタッフと参加者の両方の立場からイベントに携わり、新たに見えてきた世界があるのではないでしょうか?

 この日の活動は片付けまでこなして、終了。活動を終えたメンバーは、充実感と達成感に満ちた表情をしていました♪「ユースシンポジウム2016」には、ボラ活!OB/OGメンバーがスタッフとして参加していると前述しましたが、今回コアで実行委員として関わっていたメンバーが2人、前日/当日のボランティアスタッフとして関わっていたメンバーが1人います!

 ボラ活!での活動を越え、その他のフィールドで周囲の信頼を得ながら活躍する彼・彼女たちの姿に現役メンバーは、「同じ大学生なのに・・・」と圧倒されたようでした。OB/OGの皆さんもお疲れ様でした!

▼OB/OGメンバーと現役メンバーの様子