トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > ボラ活!メンバーの活躍

取材記『ボラ活!メンバーの活躍』~その2~

 2017年2月4日(土)、ボラ活!メンバー13人が岡崎いきいき市民活動センターさん主催の「岡崎わいわい文化祭」に、ボランティアとして参加してきました!

 今回で7回目を迎えた「岡崎わいわい文化祭」は、岡崎地域に住む方々や自治会の皆さんが主体となって開催されている、地域のためのイベントです。多くの来場者を集めるこのイベントで、てんやわんやしながらも頑張るボラ活!メンバーの様子を取材してきました♪

~活動の様子~

 今回のボラ活!参加者数は13名と、かなりの大人数でお邪魔してきました。ボラ活!メンバーの他にも、岡崎いきいき市民活動センターのスタッフさんや地域のボランティアさん、自治会の皆さんなど本当に多くの方々が関わっています。

 全体の顔合わせで、今回スタッフとして参加される皆さんとご一緒させていただきましたが、「こんなに大きなイベントだとは思っていなかった」と、ボラ活!メンバーはどこか緊張?びっくり?した面持ちでした(笑)

 イベントの中心となるスタッフさんから諸注意や、各持ち場のリーダーさんを紹介していただき、いよいよメンバーの活動がスタートします♪

 ホールを使用した大きなイベントの運営ということもあり、個々にしっかりと役割が与えられていました。全体顔合わせ&ホール見学を終えたメンバーは、それぞれの持ち場について早速作業に取り掛かります。

 今回メンバーに与えれらた作業内容は、受付・舞台転換・控え室誘導・スタンバイ誘導・客席案内など実に様々です!出演者さんが使用する楽器を慎重に運んだり、リハーサル中のステージで小道具を入れ替えたり、受付のセッティングをしたり…なかなかの力仕事!(笑)

 お昼を挟み、いよいよ開場です!時間とともに、小さな子供からご年配の方々まで、幅広い年代の皆さんが続々と集まってきます♪

 今回の文化祭ステージは地域のコーラスグループの皆さんによるお歌、お琴クラブの皆さんによる演奏、その他にも、岡崎地域の中高生による音楽演奏やダンスなど盛りだくさんのプログラムで、出演団体数はなんと14団体!

 当初は予定していなかった2階席を解放するほどの盛況でした!本当に地域に愛されているイベントだということが伝わってきますよね♪

 

▼丁寧に対応します!

▼会場は超満員!

▼舞台裏では入念な打合せが!



 イベントは無事に終了。なんと約500名(出演者・スタッフを除く)の来場者があったとか!スタッフさんも驚いておられました!笑

 活動終了後、岡崎いきいき市民活動センターさんの会議室をお借りして、みんなでふりかえりを行いました。「地域の色々な人が来場し、ありがとうと言ってもらえて嬉しかった」「このようなイベントの裏で支えるスタッフさんの大変さや、重要さがわかった」「みなさんの笑顔を見た時に、達成感があった」と、それぞれに1日の重みを確かめていました。

 学生たちのふりかえりを担当してくださったスタッフさんからは「若い人が地域に入って、若い人がこんなことをしているんだ!ということを、もっと感じてもらえるように活動していきたい」とお話しいただきました。

 そして、最後に岡崎いきいき市民活動センターの西野センター長より、「音楽で一体何ができるのか?が団体のチャレンジでもあります。まずは地域の人、お互いの顔を知ること、そして音楽を通して人と人とが出会うきっかけを作るべく活動しています。皆がそれぞれの関心に合わせて地域に入って行くことができるので、ぜひ地域のイベントやボランティアにまた参加してみてください」と、地域や学生に対する思いをお話しいただきました。

 地域住民や自治体が主体となってこれだけのイベントを作り上げていること、そしてそれが地域の方々にとても愛されていることが、参加したメンバーにも伝わったのではないでしょうか?メンバーの地域に対する思いや見方が変化していくと嬉しいです!

 受け入れてくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました!