トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > ボラ活!メンバーの活躍

取材記『ボラ活!メンバーの活躍』〜その1〜

2017年7月15日・16日「祇園祭ごみゼロ大作戦(前祭)」に参加してきました!

  2017年7月15・16日の2日間、ボラ活メンバーと同行スタッフ合計13人が、祇園祭ごみゼロ大作戦に参加してきました。

 15日は18時半の集合から22時まで、16日は17時半の集合から21時まで、歩行者天国で大勢の観光客で賑わう烏丸通に配置されたエコステーションで活動をしてきました。本ページでは15日の活動の様子をご紹介。


〜活動の様子〜

 18時半にボランティア本部である御射山公園に集合し、最初に一緒に活動するメンバー同士自己紹介!その後に活動場所へ全員で移動! 烏丸通は歩行者天国がすでに開始され、既に人・人・人の波。普段なら歩いてすぐの距離にもかかわらず、さすが、この日だけは時間がかかりました。

 19時から活動開始。大勢の観光客と暑さで熱気ムンムンです。それぞれにエコステーション内の持ち場に分かれ、リユース食器の返却受付、ごみの分別回収の呼びかけを行いました。

「ごみの分別にご協力ください」「お箸と串は別のカゴにお願いします」「リユース食器はこちらで回収しています」「分別ありがとうございました」などなど、遠くにいるお客さんにも声が届くよう、協力しながら大声で呼びかけを続けました。

20時までは一つ前のシフトの方々と一緒に活動することができ若干余裕もありましたが、20時以降は、ほぼボラ活!メンバーだけで一つのエコステーションを守る体制に。責任重大です。

 ごみがいっぱいになったら新しい袋と交換し、エコステ内に設置。時間がたつごとエコステ内はごみの袋でパンパンに。

23時の歩行者天国解除を前に、22時前からはエコステの縮小作業がスタート。エコステ内に積み上がっている何十ものごみ袋を近くのごみ集積場まで運んだり、組み立て式のごみ箱を解体したりと最後まで大忙しでした。

 (右の写真は、ごみ袋が溜まっていく初期の段階です→)


〜ボラ活!メンバーの声〜

 ボラ活!メンバーは、「しんどかったけど楽しかった」「人がたくさんで驚いた」「協力してくれた時はうれしかった」など、疲れ顔の中にもやりきった!というようなハツラツさを感じました。

 活動前はほぼ初対面だったメンバーも活動終了時には一体感のようなものが生まれ、全員で力をあわせることができました。おつかれさまでした。