トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > 2019年度(前期)ボラ活!交流会

2019年度(前期)ボラ活!交流会

 ボラ活!活動期間中(6月〜9月)、ボラ活!メンバー同士の交流会を開催しています。キックオフイベントでもある「ボランティア講座」ではお話できなかったボラ活!メンバーとも出会い、対話し、25時間以上を目指す仲間同士で交流を深めます!

第1回(7/20)ボラ活!メンバーのことを、もっと深く知ろう!

 2019年7月20日(土)、第1回目のボラ活!交流会を開催しました。参加したボラ活!メンバーは11人と、少人数の会となりましたが、京都市中央青少年活動センターの北澤さんにもご参加いただき、話の絶えない濃密な時間となりました。

 まずはどんなボラ活!メンバーが参加しているのかを知るための全体ワークです。

 ワークシートは9つのブロックに区切られています。それぞれのブロックには「5年後の自分はどうなっている/いたい?」「今はまっていること、オススメは?」「1日だけ自分以外の人になれるとしたら?」など、質問が書かれており、これを用いてインタビューゲームを行いました。

 簡単な質問ではありますが、回答に悩んだり、逆に話し込んでしまったりと、各ペア盛り上がっていました!

 第1回目のテーマは「ボラ活!メンバーのことを、もっと深く知ろう!」ということで、全体ワークの後はグループでさらに交流を深めます。

 はじめにグループで簡単な自己紹介をし、インタビューゲームで印象に残ったお話もシェアしました。同じ質問でも、人によって回答が全く異なるので面白いですね。

 

 そして、ワークのメイン、テーマトークに移ります。

①子どもの頃の夢は?

②思い出の場所+(あれば)エピソード

③大切なもの3つ+その理由

④テンションが上がるとき/幸せなとき

の4つについて、一人ずつ話しました。

 『テンションが上がるとき/幸せなとき』というテーマでは、「ボランティアをしている時にテンションが上がる」と話しているボラ活!メンバーがいました。ボランティア活動のどのような面に惹かれたのか、ぜひ詳しく聞いてみたいですね!他にもそれぞれ、趣味やサークル活動に絡めてお話ししていました。

 休憩を挟み、グループでボラ活!に参加した動機をふりかえった後は、ボラ活!の活動状況を共有しました。活動時間と、これまでに参加したプログラムとその感想、またはこれから参加する予定のプログラムと期待を一人ずつ話しました。

 なんと、ボラ活!スタートから1ヶ月強というところですが、すでに25時間以上活動しているボラ活!メンバーが!他にも、「あと1回参加すれば25時間達成!」というボラ活!メンバーもいました。

 グループワークの後は、全体で一つの円になり、今日の感想と9月末までの目標(ボラ活!終了時に、どんな自分になっていたいか)を共有しました。

 感想からは、交流会の場をとても前向きに捉えてくれてくれていたことがわかり、今後の活動にも注目したいところです。

 以下に、感想と目標の一部を紹介します!

[感想]

●他大学、他学科、他学年の人と話せて楽しかった。

●他の人の活動状況を聞き、頑張ろうと思った。

●夏休みから活動に参加する予定だが、良いスタートを切れそう!

●同じ“ボランティア”でも、人によって興味や思いが違っていて勉強になった。

[目標]

●多角的に物事を見られるようになりたい。

●積極的に人との繋がりをつくっていきたい。

●自分から行動できる人になっていたい。

●「ボラ活!に参加して良かった」と思えるような経験をたくさんして、成長したい。


 最後は恒例の集合写真を撮って終了。

 休憩中も話が尽きず、終始話しっぱなしの2時間となりました。ご参加いただいた北澤さん、ボラ活!メンバーの皆さん、ありがとうございました!