トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ > ボラ活!メンバーの活躍

取材記『ボラ活!メンバーの活躍』〜その2〜

 2019年12月7日(土)、京都市北青少年活動センターさんの「地域で始めるボランティア(清掃)」に参加してきました!今回ボラ活!からは5人が参加させていただきました。

〜活動の様子〜

 最初にセンターで活動の説明を受けました。

 今回はボラ活!以外からも多くの方が参加されており、総勢15人での活動となりました。参加者のほとんどは大学生だったのですが、中には中学生の姿もありました!

 説明の後はそれぞれゴミ拾いの道具をもち、活動場所へと移動します。


 活動場所は、紫明通りです。

 両側の歩道と中央の道を担当する3班に分かれ、ゴミを拾いながら歩きました。

 コーディネーターが同行した班は、ボラ活!メンバー2人、大学生ボランティア2人、中学生1人というメンバー構成でした。

 みなさん初対面でしたが、学校のことやボランティアのことなどを話しながらゴミを拾っていました。


 一見、歩道にはゴミが落ちていないようですが、植木の下をよく見てみると隠れるようにゴミが落ちています。

 大きなゴミもわずかながら落ちていたのですが、空き缶やタバコの吸殻、飲料が入っていたプラスチックカップなどの小さなゴミが目立ちました。

 ボラ活!メンバーは一度通り過ぎた場所も、生い茂る植木のさらに奥に注目して、ゴミを見つけていました。


 短時間ではありましたが、各班多くのゴミを拾いました。他の班では、朽ちたほうきなどが落ちていたそうですよ!一度集合し、3班分をのゴミをまとめて集積場所へ持って行きました。

 センターへ戻り、ふりかえりシートを記入しました。最後は参加者全員で、活動の感想を一言ずつ共有しました。

 ボラ活!メンバーからは、「他の参加者さんとも交流しながらゴミを拾えて楽しかった」「思ってもいないところにゴミがあって驚いた」といった感想があがっていました。


 今回、過去にボランティア活動に参加した経験を持つ方もいましたが、参加者のほとんどがボランティアは初めてだと話していました。

 ボラ活!でも初回にこのプログラムを選んでくれたメンバーが多く、活動時間確認表(*)に1つ目のサインが記されました!

 

(*)…ボラ活!では、「活動時間確認表」に参加したプログラムと活動時間を記入し、受け入れ先の団体さんから活動証明のサインをいただいています。

 寒さが厳しい中での活動でしたが、ボランティアをきっかけに世代や所属を越えた交流がありました。まだ活動に参加できていないボラ活!メンバーにも、今回参加したボラ活!メンバーにも、新しいつながりや発見を求めて参加してもらいたいですね。

 この清掃活動は毎月第一土曜日に行われており、ボランティアが初めての方も参加しやすいプログラムです!ボラ活!メンバーだけでなく、「ボランティアやってみたいな」と思っている方は参加してみてはいかがでしょうか?