トップページ > プログラム案内 > 助成事業 > 助成団体

平成24年度「輝く学生サポート助成」事業助成コース 助成団体

学生が京都のまちの活性化につながる活動や社会に貢献する活動に挑戦するきっかけとなるよう、活動初動期を支援するために、平成22年度から始まった助成事業。
「京都のまちの活性化につながる取組、又は社会に貢献する事業、ただし、活動を開始して3年以内の事業」を対象に、平成24年4月3日から開始。総勢18件の応募がありました。

平成24年
4月3日(火) 募集開始
6月15日(金) 募集締切[応募18団体]
7月7日  助成団体決定[助成団体9団体] 


【社会性】【実現可能性】 【チャレンジ性】 【発展性】の4つの審査基準に基づき、外部有識者、学識経験者で構成される審査委員会(「大学のまち京都・学生のまち京都推進会議」学生の活動支援専門部会)にて審査された結果、9団体の事業への助成(上限10万円)が決定。

ユースACTプログラム チームACTeer
school of ACT
若者が「社会」の一員であることを自覚し,社会に対して行動できるような主体的な市民になれることを目指して,社会問題に対し関心の低い高校生を対象に,身近な社会問題を設定し,自ら分析し解決するプログラムを実施する。
Youth for 3.11関西支部
東日本大震災復興支援~浴衣で繋がる京都と東北~
東日本大震災の被災地の一日も早い復興と,学生が社会問題の解決に参画できる社会の実現を目指して,京都の学生による浴衣の製作と,その浴衣を着た子どもたちが参加する東北での夏祭の開催を企画する。
まち×Labo
つながる白川プロジェクト
まちづくりの担い手が高齢化している東山区粟田地区を活動エリアとして,若者や親世代がまちづくりに関心の持てる場を作ることを目指して,白川子供夏祭りへの参画や地域の多世代が交流できるイベントを開催する。
UNIQUER
U-ART
芸術活動を通して障がいを持った子どもの自己肯定感の向上や,障がいに対してより寛容な社会を作ることを目指して,アート教室や展示会を開催する。
龍谷大学復興支援プロジェクト 東北子ども会
元気モリモリ京都キャンプ
東日本大震災の影響により京都に避難してきている子どもたち及び福島で生活している子どもたちに,楽しい思い出を作ることや,屋外で遊べないストレス等を解消することを目的に,キャンプや市内観光を実施する。
京都ガイドブックicow!
京都ガイドブック icow!
学生に京都の魅力を発見し京都をより好きになってもらうために,学生が学生目線で作成するガイドブックの発行やホームページの運営を行う。
学生べロタクシー京都
ベロタクシー試乗会。~地域の人にベロタクシーを知ってもらおう!!!
観光手段,環境にやさしい,地域活性化に繋がるなど,様々な要素を持ちながらも,知名度の低いベロタクシーを普及させるため,ベロタクシーに乗車できるイベントを開催する。
ミニ京都実行委員会
ミニ京都@らくさい
自分が満足できる環境を自分の力で作る若者を増やすこと,そういった若者を受け入れる社会の構築を目指して,若者は自分たちが考える架空の「まち」を作成し,自分達で「まち」を運営する体験をする。大人にはその若者の姿を見たり実際に出来上がった「まち」を体験してもらうプログラムを実施する。
Noti's
Noti’sスクール
自然や宇宙の魅力を知ってもらい,子どもたちにそれらを楽しんでもらうことを目的として,花山天文台において水ロケットや天体観測を体験する合宿を開催する。

審査会のコメントを受けて、コーディネーターと事業計画の改善についてブラッシュアップをし、活動を開始しています。また、今後はコーディネーターによるヒアリング(月次報告)や企画や実施に関わるアドバイスなど、関係者やコーディネーターと一緒になって活動に取り組んでいます。

7月11日 実施ガイダンス
7月中旬 事業計画の改善・予算案の精査
 | 合同ミーティング(7月より毎月最終水曜日開催)
 | 月次事業報告の提出
3月下旬(予定) 成果発表会 

 

平成24年度「輝く学生サポート助成」事業助成コース助成団体事業計画書及び毎月の活動報告ページは下記になります。

事業助成コース助成団体事業計画

毎月の活動報告