トップページ > 団体登録案内  > 登録団体一覧 > 学生団体SMILE

学生団体SMILE

活動目的

私たち学生団体SMILEは全ての若者が安心して輝ける居場所ある社会を目指して活動している。現代社会では、社会的要因からこの世界に居場所を無くし孤立してしまう人が多い、ということが私たちの問題意識である。この社会的要因というものは様々であり、例えば「学校との不和」や「貧困による機会不平等」等いろいろ考えられる。私たちはこのような社会的要因を取り除くことはできなく、そのマイナス要素に打ち勝てるような、一人一人の人間としての尊厳や「自己肯定感」を高めることによって、社会から孤立した人が社会で輝けるための支援をする活動を行なっている。

活動内容

主力事業はS-teamというネイルボランティア事業である。高校生が他者への貢献を通じて自己肯定感を高めることと、高齢者が若々しく明るい気持ちを得ることを目的として、高校生と高齢者の異世代交流をネイルを通じて実現している。2017年6月から毎月、高校生と大学生メンバーが提携先の高齢者施設を訪問し、高齢者にネイルやハンドマッサージを行なっている。高校生に対しては、ネイルという得意なことを生かして他者に貢献する機会を提供し、高齢者に対しては、若者から刺激やエネルギーを得る機会と指先のオシャレを提供している。その効果と継続性が評価され、2019年3月に京の公共人材対象で最優秀学生プロジェクト賞を受賞した。

さらに、若者の自殺率の低下を課題としている京都市と連携して、「ライフin灯」と勉強会に取り組んでいる。「ライフin灯」は京都市、京都府の他2つのNPO団体と協働で企画運営している自殺予防啓発イベントである。2018年度はS-teamを派生させてネイルブースを出展したとともに、運営団体の取り組み紹介をするリレートークの司会進行を務めた。

勉強会には京都市こころの健康増進センターの所長を招待して、居場所や自殺に関連したテーマを取り上げ、プレゼンとディスカッションを行なっている。2018年度は「若者の文化と死生観」をテーマに、現代の若者の死生観の特徴をサブカルチャーやSNS の観点から考察した。

団体PR

私たち学生団体SMILEは、’全ての人にイキテルを。’という理念のもと、全ての若者が安心して輝ける居場所ある社会を目指して活動しています。

居場所はないと生きていくことがしんどくなるほど大切なものであり、全ての活動の根源になるものだと考えています。

居場所とは何か、どうやって作るのか、興味がある方はいつでもご連絡ください!

 

団体情報:ホームページ/Facebook/Twitter/Instagram/