トップページ > プログラム案内

学生Place+を拠点に行っていること

「学生ボランティアチャレンジ2022」

コロナ禍により、いろんな活動が制限されていますが、ボランティアしてみたい、新しい経験をしたい、地域で活動したい、いろんな人とお話したい、人の役に立ちたい。そんな大学生にぴったりの、ボランティアプログラムです!京都のまちに出て動き出したいと思っている方はぜひご参加ください♪

学生ボランティアチャレンジ2022

 「輝く学生応援アワード2022」

「大学のまち京都」「学生のまち京都」では、多くの大学生がいろんな活動をしています!京都市内をフィールドとして、いきいきと活動している大学生の皆さんを、まち全体でたたえ、応援するためにこのアワードはできました。

活動を取り組むきっかけはなんでもOK。大学の授業やゼミでも、気のあう友人たちと始めたことでも、皆さん自身がその取組を楽しんでいるかどうかが大切です。みなさんの活動の楽しさやオモシロサ、活動に傾けている情熱を教えてください!

「輝く学生応援アワード2022」

「むすぶネット(学生・地域連携ネットワーク)」

地域のお祭りや行事と、学生のサークル・団体とを「むすぶ」=コーディネートする事業を運営しています。

むすぶネットホームページhttp://www.kyoto-musubu.net/

学生Place+の過去行っていた事業

「令和3年度輝く学生応援アワード」

 京都のまちでは,子どもたちが元気に遊び育つための機会を提供している団体や,スポーツ・文化・芸術などの学生の皆さんの特技を活かして地域の方々に楽しんでいただいている大学のゼミ・グループ,地域や社会の課題に対して解決を図る活動を行っている大学のゼミ・グループなど,たくさんの学生の皆さんが活躍されています。

 そうした学生の皆さんの活躍を地域や企業の方々に知ってもらい,応援してもらうために,「輝く学生応援アワード」を創設し,活動の表彰,発信,交流を行います。

令和3年度輝く学生応援アワード

「学生ボランティアチャレンジ~CONNECT つながる私と社会~」

ボランティアしてみたい、新しい経験をしたい、地域で活動したい、いろんな人とお話したい、人の役に立ちたい。そんな動き出したい大学生にぴったりの、ウィズコロナの中で取り組めるボランティアプログラムです!

学生ボランティアチャレンジ~CONNECT つながる私と社会~

「ワークショップ『まちはキャンパス 全員が学習者~子どもと大人が学び合う現代の寺子屋~』」

 学校や塾とは違う新しい学びの場の提供を行っているNPO法人寺子屋プロジェクト代表理事の荒木勇輝さんをお迎えし,学校教育とは異なる教育の場の運営についてお話を伺います。

 荒木さんからのNPO法人寺子屋プロジェクトの活動紹介とともに,皆さんのこれからの大学生活を考えるワークショップを行います。

ワークショップ「まちはキャンパス 全員が学習者~子どもと大人が学び合う現代の寺子屋~」