トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ 2022

●学生ボランティアチャレンジ2022

対象者

①京都市内に在住、または通学する大学生・大学院生(学年やボランティア経験は問いません)

②プログラム説明会、各プログラムの活動日、ふりかえりワークショップの全てに参加ができる方

費用

・本事業への参加者は、ボランティア保険に加入します(個人の費用負担はありません)。

・活動先までの交通費は自己負担です。また、活動中に食費や移動費など別途費用がかかる場合があります。

プログラム日程

※第3期または第4期のプログラムへの参加によって、プログラム説明会・ふりかえりワークショップの日程は異なります。

※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開催場所をオンラインに切り替えて行います。その場合、参加者にはオンライン会議システム(Zoom)のURLをご案内します。

※参加するプログラムによって、活動日(事前ミーティング・ボランティア活動日)は異なります。各プログラムの詳細ページをご覧ください。

活動の流れ

①プログラム説明会、②事前ミーティング、③一日ボランティア活動、③ふりかえりワークショップを行います。活動を始める前の準備からふりかえりまで、コーディネーターがトータルで活動をサポートします。

学生ボランティアチャレンジプログラム一覧

プログラム説明会~ふりかえりワークショップ全てに参加した方は「ボランティア活動証明書」を発行できます!
第1期プログラムのお申し込みはこちらから

※上記をクリックしてお申し込みください。

一般社団法人未来コンシェルジュ

 地域のおしごと博物館京都プロジェクトのお手伝い

NPO法人自然観察指導員京都連絡会(略称 noi-kyoto)

 オオハンゴンソウ(キク科の特定外来生物)駆除活動ボランティア大作戦

いわくら農園倶楽部

 地域の高齢者や住民との交流を通した農作業ボランティア

休日余暇支援活動 じゃりんこ

 障がい児休日余暇支援活動

ネイチャーキッズ京都

 「廃線ハイク」~子どもたちの「遊び」の体験のサポート~

 

以下のプログラムは定員に達しましたので、お申込みを終了しております。

※お申込みのキャンセルがあった場合、募集を再開いたします。

京都市吉祥院いきいき市民活動センター

 子ども食堂「ししまる食堂」のお手伝い

 

NPO法人くらしコープ

 「空家等を社会に活かす 高齢者・障害者等の居住支援」をテーマにしたフォーラムの運営

第2期プログラムのお申し込みはこちらから

※上記をクリックしてお申し込みください。

学生Place+のサポート

その1:プログラム説明会

活動の心構え、マナー、インタビューのポイントなどをレクチャー!

その2:丁寧な指導・個別の相談

分からないことや不安なことがないように、バッチリサポートします!

ボランティアの選び方や活動中の悩みなどもご相談ください!!

その3:ふりかえりワークショップ

活動を通して学んだことや考えたことを整理し、今後にどう活かすかを一緒に考えます!



新型コロナウイルス感染症対策の実施について

●プログラム説明会、事前ミーティング、ふりかえりワークショップでは、参加者同士の距離を十分に確保します。また、参加者・スタッフのマスクの着用、手洗い・手指用毒、備品・会場の消毒を徹底します。
●新型コロナウイルス感染症もボランティア保険の補償対象となりました。参加者には、ボランティア保険に加入していただきます(個人の費用負担はありません)。
●活動時は、参加者各自でも感染症対策へのご協力をお願いいたします。
●新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、すべての活動をオンラインに切り替えて行います。活動の継続が難しいと判断した場合には、中止となる場合がありますので、ご了承ください。