トップページ > プログラム案内 > 学生ボランティアチャレンジ >  障がい児休日余暇支援活動

いただこう自然の恵み 柚子の収穫&しぼり体験

活動の目的

活動写真

 障がいのある子ども達の生活が豊かなものになるように、休日の過ごし方を考えサポートしています。

 活動企画は学生が行っており、京都市内・京都近郊での屋内外の活動を楽しむだけでなく、活動を通して、仲間意識を育むことや公共のマナーを学ぶ事なども大切にしています。

活動の内容

 障がい児者(対象:知的障がい児者)と学生が1対1のペアを組み、グループで活動をします。

コミュニケーションを取りながら活動を楽しめるようにサポートをしていただきます。

事前ミーティングの日時・場所

日  時:11月19日(土)16:00 ~ 17:00

活動場所:朱八会館(予定)

住  所:〒604-8464 京都府京都市中京区西ノ京南円町93

アクセス:JR円町駅より徒歩5分

ボランティア活動の日時・場所

日  時:11月20日(日)10:00 ~16:00

活動場所:JR円町駅集合

     ※活動場所調整中。京都市内・屋内外。

 

定員

3名

必要な費用

活動中の移動での交通費(1,000円)+昼食代(活動で外食の場合は食事代500円補助あり)

活動時の持ち物・服装

手がふさがらないようリュックなど・動きやすい服装(走れるようにシューズなど)

参加条件等

特にありません。

このボランティアで得られること!

障がいを持つ子ども達は少しのサポートがあれば様々な経験を積むことが出来ます。そのサポートは決して難しい事ではないことを知ることは、教員や児童福祉、社会福祉などを目指している学生さんにとって良い経験になると思います。

担当者からメッセージ!

活動を通して、障がいに限らず支援を必要としている人と共に歩むことは特別な事ではないことを学び感じてもらえると嬉しいです。

活動先団体名

休日余暇支援活動 じゃりんこ

団体の理念・活動概要

 『共に学び共に育つ』を活動理念とし、発足より 30 年間変わらずに、学生ボランティアの協力のもと障がい児者のグループ余暇支援活動を行っています。

 グループ活動のいいところは、時間はかかるけれど障がいがあっても仲間意識を育くむことができることです。学生には活動の企画・実施(余暇支援中の障がい児者のサポート)をしてもらっています。学生にとっても、活動の運営や障がいのある仲間たちと関わることで多くの事を学ぶ場となっています。

団体連絡先